FC2ブログ
 
プロフィール

遼一

Author:遼一
趣味:カラオケ、映画鑑賞、絵描き、写真
ニコニコ動画でゲーム実況始めました。

カメラ:ペンタ k-x ホワイト
    カシオ EXILIM EX-H10

FC2カウンター
最新トラックバック
QRコード
QRコード
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

04月18日(日)

廃墟・・・「ベルビューホテル富士」

御殿場市神山、長尾ベルビューGCを過ぎ坂を登った先、小さな教会のすぐ近くに街を見下ろすようにして建つ巨大な廃墟。
そこが、目的としていたホテル廃墟「ベルビューホテル富士」

ですよ。というか、ここに着くまでに体力の消費が(;´Д`)
足なんか、生まれたての小鹿のようだで。ちがうか。

さてさて、潜入~。


waetrf4watgeasy.jpg



とりあえず、雪が積もってる中、潜入口を探す事に。
雪の中の散策は初めてです。不法投棄の山の道を抜け、口をあけた入り口から潜入~。
入ってすぐ横には、ホテルの廃車が置いてあり右の机の上にはラジカセ腐った床の上にはベットのマット。

97tyuioiopk.jpg

最初は、入り口から入って横の大浴場。
しかし、いまいち面白みにかけるなぁ、という造り。今は温泉の石が緑がかって綺麗です。

7yuohupi;hjio

それから、浴場から逆の大広間らしきとこに移動。
天井の板、電灯は電車のつり革の様に多数ぶら下がり、床にはサバゲーの跡BB弾が大量に。さすが有名廃墟。グラフィティの数もものすごい。
そして、さらに凄いのは雨漏りと床の緑。昨日から明け方までの雨と雪で水溜りも多数できてます。
とてもじゃないが、隅にある木造の階段は、危険極まりない・・・スルー。
とりあえず、ここの目玉「呪いのピアノ」を見たいがために1階のフロントに行くことに。

5r6yrtfygiouhiojp;ko

と、この建物は、地下1階「庭園、多目的ホール、ボイラー室、大浴場、倉庫(潜入した階)」1階フロント「正面入り口、喫茶、食堂、宴会場、管理人室」2階「第一、第二会場、特別室(おそらく写真室)」3階「客室」屋上+αって構成です。

wsarftgserdtfujkhip;

で、木々の隙間を通り1階への階段を登り上へ。
1階に着くとすぐにフロント、フロント左の暗い通路の奥は、備品置き場の部屋、管理人室です。

eryhjfygujholjiok.jpg

wetghrtyguikogujhip;l

フロントの先に進むと一面埋め尽くさんとする水溜り。その先を進んでいくと例のピアノ発見!天板は吹っ飛んでいて鍵盤は数箇所外れてますが・・・
しかし、場違い感があるようなないようなで、その空間を不思議と異質ながらも幻想的な空間に変えているような気がします。
床に生えている苔や草と写真を撮ったらまさに、弱ピアノの森。
そんな感じですね。ピアノの森全然知らないですが・・・

wetyghrdtyikuhioj;

esdfyhjygvhjblhoink.jpg

ピアノのある壁の向こうは、厨房になっていて錆付いている大型の換気扇や機材、食器やらステーキ皿重箱が多く放置してあり、ダンボールの中には巨大なかたつむり。
厨房付近にある階段で、上の階へ。

wetghdftyulhjiok.jpg

reghnvghjklhioj;lm

第一、第二会場と特別室を見てみる、会場はどちらも緑の絨毯が床をほぼ覆う形で上からの雨水がより神秘的な瞬間を作ります。

edtghdrtfgjkhilm,

で、ここで初めてベランダに出れます。うん、絶景!さ、さむい・・・
特別室は床がぼろぼろで部屋もすごいしっちゃかめっちゃか。

上の階は客室。ここが凄い事になってて・・・もう天井が落ちて部屋ごと潰れてる部屋がほとんど、戦争ゲーの屋内のでよく見る光景的な感じになっていて廊下の通路も途中いつ落ちてきても不思議でもないような危ない箇所もありました。

rtgfhjvkguhjkl;m

dfhgdrtcfghk,nkl;

そして、廊下の奥は、壁がなく落ちたら帰れませんよって感じでした。

gtrfjbhjlkmk;k

屋上は下の階の部屋が崩落した場所から見ることができます。なんてこったい!ある意味絶景ですね。

wetsgrxtdfhjguy.jpg

屋上の階段から出て横のほうに小さな階段を上がるとポンプ室かなんか室らしきものがあります。
それから、下に降りてフロント側の入り口から外に出まして、隣の建物に行きましたが霧が濃くなり時間も時間だったので帰ることに。

最初はいってきた場所から外に出て散策は終了。
もうひとつ見たかった謎の絵画は見つけることはできませんでした。
ちょいと残念ですが、今回は結構良かったです。
建物の崩壊が始まる中、その建物内で元の自然が徐々に侵食している。
破壊と風化の多いこの建物が、崩れるのはもう本当に時間の問題かもしれませんね。
雪の中の散策も初めてでいい経験しました。多分・・・

ではでは( ´Д`)ノ

etghdrtfygiklhijo;,
スポンサーサイト



 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

記事の即刻削除を願います

当該記事管理者 様
この記事の敷地管理をしている株式会社リゾートマネジメントと申します。
当該記事の場所は、当社の私有地及び私道であり、立ち入り禁止にしております。
また、記事内の写真は現在の状況とは相当異なっており、この写真に興味を示して当該敷地内に不法侵入した方に万一の事があった場合、当社としても責任を終えませんので、記事を削除をして頂けないでしょうか。
宜しくお願い致します。
2020年12月19日
株式会社リゾートマネジメント 施設管理部